カッコ良くダウングレードをしたいもんだな!

Blog

あけましておめでとうございます。

年末にサーバーの引越しをしたのを機会にこれまでのブログも全て消し、このページも新しく作りかえることにした。

2021年は大きな転機となるから。

2015年から運営してきたサウンドトレジャーから身を引く。

これにはいろいろ理由があるが、今後は自分が集中してやれる環境に絞りたい為。

それに利益を産まないものは早く手を引くことだ。

そしてサウンドトレジャーは人に託すことにした。

さてこのお正月、酒でも呑むかと思って目につくところに今では貴重なウイスキー「山崎」を置いていたが呑まなかった。

大晦日も焼酎をストレートで一杯呑んだだけだった。

もう完全に酒が抜けたか?

どうだろう?

「山崎」では釣られなかったが、アードベッグなどアイラ系のウイスキーがあれば呑んでいただろうか?

そこのところが怪しい。

三十代でアイラ系のモルトウイスキーにハマり、コレクションもしたことがある。

限定のアードベッグもわざわざ手に入れて呑んだ。

最近ではラガヴーリンも美味しくてあれば呑みたいと思っている。

ラガヴーリンの16年ものなど傍にあればアウトだろう!

しかし「山崎」に釣られなかったということは相当酒も抜けている?

酒は依存性があるから呑むことがクセになる。

そして味を覚えると呑み方も変わる。

そして美味しいお酒は一杯だけでもと思って、京都木屋町のクラブデゼールというバーに高価なお酒を呑みに通った。

ここでは美味しいお酒を教えて貰った。

美味しいお酒は一杯だけ?

一杯で済むはずが無い。

ここでウイスキーだけでなくリキュールにまで手を出してしまった。

リキュールはウイスキーに比べて安価なので次から次へと色んなものを味わう。

そして思い出深いのが!

『カールスハムス フラッグパンチ』

これにはハマった。

ラムをベースに砂糖・水と幾つかの香料からできた甘口リキュールです。

よく冷えたのを食後に呑むリキュールだそうだ。

こちらは食後どころか食前から何杯も呑んでいた。

この甘さが怖い!

完璧にハマってしまい、こういう甘いお酒で身を滅ぼすのだと思った。

ほら、こうやってお酒の話しを始めたら止まらない。

アイラ系のウイスキーの話しがいつの間にかリキュールに。

だから酒は怖いんだ。

「山崎」もたしかに美味しいが、昔呑んだ酒のフェイバリット・リストの中には「山崎」は無い。

だったら「山崎」じゃクセにならないか。

それじゃ呑んでしまおうか。

となるのだが、ならないのが今の自分だ。

「山崎」を傍に置き、目もくれず正月を過ごす。

これ、いい感じのダウングレードじゃないのかな?

(少し違うか?)

還暦すぎて間もなく三年。

これからはバージョンアップではなく、色んなことをダウングレードしていかなくてはならない。

カッコ良くダウングレードをしたいもんだな!

Blog
シェアする
wpmasterをフォローする
木村菜緒の作詞作曲変極錯覚

コメント