ハッピーバースデー「海の見える街」!

「海の見える街」

天埜めぐみが自ら書き上げた曲。

それをバースデーに配信リリースした。

この曲、とてもいい。
自分の故郷を歌にする。

これ、出来ればやりたいことだが、なかなか手を付けられないこと。

歌というのは人が聴く。
また、歌というのは人に聴かれることでその曲の存在感が生まれる。

しかし人に聴かれる自分が書いた自分の故郷の歌。

これは本当に難しい。

聴いた人に何が伝わるか?

これは僕の持論だが、自分の人生はチラホラ程度で、聴いた後に、この人はこういう環境で故郷で暮らしていたんだ。

それだけが伝わるのがいいと考えている。

そのチラホラを故郷の光景に散りばめる。

そして描かれる光景が素敵なんだと思う。

それが一番良いと考えている。

そういう意味ではこの、「海の見える街」は素晴らしく故郷が描かれた歌だと思う。

メロディーもシンプルで無理が無くていい。

よく出来た歌だと思った。

だからアレンジに頭を痛めた、

こういう曲には余計な飾りは一切要らない。
音数少なく全てをシンプルに仕上げる。

そこで間をどう埋めるか?

そして思いついたのがスチールギターだった。
ストリングスをどうしても使いたくなかった。

ストリングスは背景の色を決めてしまうように思えた。

だからスチールギターを選んだ。

スチールギターなら背景の色をランダムに変えてくれると思ったから。

そして全てにおいて抑え気味のリズムセクション、ピアノ、ギター。

結果的に良かったと思う。

そして最後に入れたイントロ、間奏、エンディングのギター・ソロ。

これこそシンプルに音数少なく音を選んだ。

さて、こういう曲を聴けば音楽のあり方を改めて考えさせられる。

やはり歌というものには景色がある。
作家の景色。
そして歌う人がその歌を捉えて描く景色。

それを描くのが歌だと思う。

どんな歌でも歌う人それぞれが見ている景色があり、それを描くのは自由。

この「海の見える街」はその様な歌なのだと思う。

天埜めぐみの人生を焼き付けた歌ではないが、チラホラと天埜めぐみの人生が見える。

そして海の見える街を故郷に持った全ての人と共有出来る光景が描かれているので多くの人に共感を与える。

全てが良い配分で描かれた歌だと思う。

最後に、自分のバースデーを自分で素敵な一日にしたことに敬意を表します。

自分から生まれて自分に贈る贈り物ほど尊いものはない。

我が家で一番大切にしていることです。

Happy Birthday !

笑う店には福来る

平成最後の年末のお水な夜を盛り上げるためにこの曲を!

「笑う店には福来る」

ついに配信リリースされました!

2018年、平成最後の年末を盛り上げようと書き上げた曲。

お水の栄養補給唱歌!

今年「赤い月」を配信リリースした、

HANASHI-GUYz BAND
“ハナシガイズ・バンド”の2作目の作品!

還暦、調子にのって派手にやってる。

こういう時は注意。

足元をすくわれる。

しかし考えてみれば平成最後の年末。

昭和に生まれて3つ目の元号。

恐らく、この新しい元号で人生を終えるのだろう。

そう思えば悔いなくやれることはやらないと。

しかし人はなんだかんだ理由を付けては調子にのりたがる。

ハロウィン然り。

嫌な動物だな。

以下の配信サイトよりダウンロード、ストリーミング再生でお聴きくださいまし!

iTunes
HANASHI-GUYz BAND「笑う店には福来る – Single」
https://itunes.apple.com/jp/album/%E7%AC%91%E3%81%86%E5%BA%97%E3%81%AB%E3%81%AF%E7%A6%8F%E6%9D%A5%E3%82%8B-single/1441602761

Google play music
https://play.google.com/store/music/album?id=Bc73gx7h7xu4wdtqrrlaj6cotei

レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007486840/?affiliate=4299010893

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07K9ML6JF/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_Jzb5BbPDJGY63

その他、LINEミュージック、Spotifyなど配信サイトよりお聴きください!

“寒雲流し”

2018年11月2日、〝寒雲流し〟が無事に終わりました。

予想以上の反響に僕達も驚いています。
たくさんのお客様に寒雲の生の歌を届けられたことに感謝しています。

今回は大きなチャレンジでした。

これまでもアコースティック・ライブとして8年近く演奏を続けて来ましたが、今回は本当の意味でのアコースティック・ライブでした。

アコースティック・ライブと言ってもこれまでは歌、鍵盤ハーモニカ、ギターの音をアンプ、ミキサーで増幅してスピーカーから出していました。

しかし今回は広い店ではカラオケのマイクでギターの音を増幅した店もありましたが、殆ど生だけの音でお届けしました。

これこそ本当の生のライブ、アンプラグド・ライブでした。

生の楽器の音は本当に素晴らしいのです。
一度この素晴らしい生の楽器の音で聴いて頂きたかったのです。

それが実現した〝寒雲流し〟でした。

この〝寒雲流し〟には大きなチャレンジがありました。

それは、曲のアレンジ、そして楽器の演奏の仕方です。

どうしても音量が小さいので、ギターの場合はアルペジオを多様したアレンジからストロークの弾き方を多く取り入れたアレンジに変更しなくてはいけませんでした。

しかし寒雲さんの声と曲は、繊細なものが多いのと、これまでは音の空間を多用したアレンジばかりだったので、ストロークな奏法を如何に取り入れるかがチャレンジでした。

そしてどれだけ優しくギターをかき鳴らすか?
そこをとても考えてアレンジして弾かせて頂きました。

だからとても緊張感が溢れるライブでした。

〝流し〟という言葉には飲み屋さんなどで一曲いくらとかで歌を歌う、歌ってもらうというイメージがありますが、実はこの〝流し〟こそ本当の生の歌が聴ける、最も贅沢なスタイルのライブなのです。

アンプラグドな歌、楽器が奏でる〝流し〟でお届けすることが出来た今回の〝寒雲流し〟、とてもいい勉強になりました。

今回の〝 寒雲流し〟で得たものを取り入れて12月9日の寒雲のライブを新しいスタイルでお届けしたいと思います。

お店を紹介して下さったたんなん夢レディオの会長、伊藤さま、そして伺わせて頂きました〝おらんだ様〟〝ブラジリア様〟〝アマーレ様〟〝和様〟〝暖様〟、ありがとうございました。

12月9日、福井新聞社 風の森ホールにておこなわれらる、
〝寒雲 トーク & SAIDO ライブ〟
お待ちしております。

娘、24歳のバースデーにこの曲を贈ります!

2018年、自分なりにはいろんなことにチャレンジして頑張って来たつもりだが、自分で刻んだ足跡を残せただろうかと思った。

今年、娘が結婚した。
そして結婚式を私の還暦のバースデーである6月6日にグアムで挙げて招待までしてくれた。

行くまでは何か不安だったが、日が経つに連れてあれほど楽しい時間をここ何十年過ごしたことがあっただろうかと思った。

本当に幸せなグアムでのひと時を娘が還暦の私に贈ってくれた。

今思うと本当に手を焼いた娘だったが立派になった。

こんな出鱈目な親父だったから 余計にしっかりしたのだろう。

そこでだ。
こんな出鱈目な親父も娘のバースデーである9月27日に何かしなくてはと!

ずっと考えていた。

そして最近、昔の友人とも改めて繋がり、東京でレコーディングなども一緒にやるようになった。

その友人の一人が、
「おまえが歌って曲を配信して残せばいいじゃない!」
と!
そして、
「親が元気なところを見せるのが何よりいいんじゃないか!」
と今の会社の上の方からも!

そんなところから始まり、最後はその友人が、
「俺とじゃんけんして負けたらやればいい!」
と!

こいつ、ベース弾きで〝じゃんけん〟が好きなのかいつも〝じゃんけん〟でケリをつけようとする。

それでこいつは〝じゃんけん〟が強い。

そして今回も何故か〝チョキ〟
で負けた。

そして私は曲を作って歌うことになった。

こういう時は何故か直ぐに曲がかける。
やはり歌いたいのだろうか?
そりゃあ歌いたいだろう!
素直になったから直ぐに曲は出来た。

初めは何か娘にメッセージを込めた曲にしようかと思ったが、それは まだ還暦では早いと思ってこちらの勝手気ままに歌詞を書いた。

それでロックにしようとみんなに言ったところみんな賛同!

曲も出来ればレコーディングもあっという間に出来た。

この間、一週間!

そして出来上がった曲が、
「赤い月」

何十年振り?いや、こんなロックのギターはこれまでに弾いたことがないような臭いロックギターを弾いた。

歌も意外になんとかなった。

そしてバンド名まで付けて、
HANASHI-GUYz BAND
(ハナシガイズ・バンド)
とした!

そして今日、娘のバースデーである9月27日に配信にてリリースすることになった。

娘に教えられることばかりだった2018年、娘の24歳のバースデーにこの曲を贈ります。

Happy Birthday KANAKO!

https://linkco.re/X2Uq36nY

還暦の夕暮れ

結城ひろしの還暦の夜を演出した夕暮れ。

昨夜は金沢片町で結城ひろしの還暦を祝った。

向かう途中、犀川の新橋から見た夕暮れ。

ここ数日、夕暮れを見ているが昨夜の夕暮れは最高の出来栄えだった!

空が還暦の赤を美しく演出していた。

僕の還暦は娘がグアムで結婚式を重ねてくれて最高の時を過ごさせてくれたが、やはり娘の結婚式に飲まれて還暦はうっすらとしたものだった。

それはそれで有難い。

昨夜は結城ひろしの還暦を祝うことで、僕自身の還暦も再認識した。

還暦はひとつの通過点だが、昨夜の夕暮れは一生忘れられないだろう。
それくらいに美しかった。

結城ひろしと共に昨夜の夕暮れに感謝致します。

素晴らしい「明日へのお土産」だった。

I will go forward with tomorrow with my whole life !