「Release Information」カテゴリーアーカイブ

Heavy Birthday

この春をどう過ごすかは自分の心次第。 
「春」、歳を重ねるごとに重くなる季節だった。
“ だった”と書くからには過去のこと。

いや、今年の春で重い春は終わらせる。

その為に書いた曲が「桜」。

今年の3月19日、母が亡くなって18年になる。

私は親孝行と言うことをひとつもやっていない。
しかし私の娘は昨年、私の還暦の誕生日に結婚式をグアムで挙げて招待してくれた。

もうこれ以上無いような親孝行を娘から受けた。

嬉しかった。
しかしこの娘の親孝行が私に与えてくれたのは喜びだけではなかった。

それは「反省」だった。
そして「後悔」だった。

そして母に何一つ親孝行していない自分を恥じた。

音楽を続ける。
これは母のおかげで出来たようなもの。
しかしその音楽で母を喜ばせることは出来なかった。

母も音楽は好きで音楽の価値をよく分かっている人だった。

だから母は音楽を続けることで何一つ文句を言ったことも無かった。

しかし音楽を続けてきたと言っても自分の好きなことを続けているだけで自分一人食べていくだけで精一杯。

食べていけない時は母に助けて貰ったことも多々あった。

こんなことやって続けて来た音楽に本当に価値があるのか?

約10年前、そんなことを考え始めるようにもなった。

しかしよく考えてみたら自分には音楽以外に出来ることは無い。
いや、あるだろう。
その気になれば。

しかし、ここまで続けて来た音楽、力を貸してくれた母の為にも自分の音楽のやり方を変えて続けようと思うようになったのは五年ほど前。

それから自分のスタイルを変えて曲を作り楽曲提供をするようになった。

そして2016年、「冬はアトリエ」と「春はアトリエ」という曲で、母が闘病して亡くなった冬と春を描いた曲を書いた。

「冬はアトリエ」は鶴見尚樹さん、「春はアトリエ」は寒雲さんが歌って下さっている。

しかしこの二曲、その季節をぼんやり描いただけで、歌詞の中に母の存在を明確にしていない。

しかし今年書いた「桜」は母の存在を歌にしっかり刻んで書いた。


では何故この「桜」を書こうと思ったか?

それは、もうこのような重い春にピリオドを打つため。

還暦を過ぎてどうも心の中の景色が変わりつつある。

これまではスルーしていたことが出来なくなって来ている。

「反省」と「後悔」ばかりが後に着いてくる。

「反省」「後悔」も必要なことではあるのだが、もう後戻り出来ない自分の人生。

還暦を超えた今こそ前向きに貪欲に生きなくてはならないのではないかと判断した。

その為にもこの春、しっかりと「反省」と「後悔」をして、この重い春を終わらせようと決めた。

その「反省」と「後悔」、そして母への謝罪の気持ちを込めて作ったのがこの「桜」となった。
そしての自分を戒める為にも。

しかし聴いてみるとやはり重い曲になってしまった。

余計なことは考えず書き並べた言葉の意味に合うようなメロディーを付けた。

実はこの曲、別に書いた曲を修正したものだ。

本当は違った形で「桜」をテーマにした曲にしようと思っていた。

しかしそれを変更して歌詞を変えて、そしてメロディーも変えて出来上がった曲だ。

そして今回は作詞で天埜めぐみさんに少し力を借りたが、オケは打ち込み中心で自分一人で手掛けた。

この曲、聴く方には迷惑かも知れない。
人に聴いて貰おうという気持ちは考えず、自分の「反省」「後悔」「謝罪」の気持ちを埋め込むような気持ちで作った曲だから。

そして3月19日の母の命日ではなく、3月15日、母の誕生日に配信リリースして贈ることに決めた。

こういう曲を残すことで、自分にもしっかり刻む。

残りの人生、どれだけか分からないがこれからはもっと心を大きく多くのことを受け入れ、母が続けさせてくれた音楽で人に喜んで頂けるよう人生を見つめ直すことに決めた。

誕生日、おめでとうございます。
そして最後に凜香と花梨。短期間の間によく歌って下さりました。
御礼申し上げます。

 「桜」凜香と花梨 配信中!

https://linkco.re/NMHfQM9A

MASHOW ~魔・性~

配信されてしまった・・・

MASHOW ~魔・性~
作詞作曲編曲 木村菜緒

正直なところリリースには抵抗が・・・

実はこの曲、僕がある女性シンガーに楽曲提供する際に制作したデモ・バージョンで、それを気に入ったプロデューサーが僕を説得してリリースすることに至りました。

2019年1月11日配信リリース!

独特な世界の歌に自らのブルージーなギターを絡め、ジャズ・テイストたっぷりのアレンジに仕上げた、作家が歌う作品ならではの曲になっています・・・なんて嘘だろ!

OPEN DOOR MUSIC、2019年の第一弾です!

下記URLよりダウンロード、ストリーミング再生でお聴きください。

https://linkco.re/6d6U0mDb

笑う店には福来る

平成最後の年末のお水な夜を盛り上げるためにこの曲を!

「笑う店には福来る」

ついに配信リリースされました!

2018年、平成最後の年末を盛り上げようと書き上げた曲。

お水の栄養補給唱歌!

今年「赤い月」を配信リリースした、

HANASHI-GUYz BAND
“ハナシガイズ・バンド”の2作目の作品!

還暦、調子にのって派手にやってる。

こういう時は注意。

足元をすくわれる。

しかし考えてみれば平成最後の年末。

昭和に生まれて3つ目の元号。

恐らく、この新しい元号で人生を終えるのだろう。

そう思えば悔いなくやれることはやらないと。

しかし人はなんだかんだ理由を付けては調子にのりたがる。

ハロウィン然り。

嫌な動物だな。

以下の配信サイトよりダウンロード、ストリーミング再生でお聴きくださいまし!

iTunes
HANASHI-GUYz BAND「笑う店には福来る – Single」
https://itunes.apple.com/jp/album/%E7%AC%91%E3%81%86%E5%BA%97%E3%81%AB%E3%81%AF%E7%A6%8F%E6%9D%A5%E3%82%8B-single/1441602761

Google play music
https://play.google.com/store/music/album?id=Bc73gx7h7xu4wdtqrrlaj6cotei

レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007486840/?affiliate=4299010893

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07K9ML6JF/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_Jzb5BbPDJGY63

その他、LINEミュージック、Spotifyなど配信サイトよりお聴きください!

娘、24歳のバースデーにこの曲を贈ります!

2018年、自分なりにはいろんなことにチャレンジして頑張って来たつもりだが、自分で刻んだ足跡を残せただろうかと思った。

今年、娘が結婚した。
そして結婚式を私の還暦のバースデーである6月6日にグアムで挙げて招待までしてくれた。

行くまでは何か不安だったが、日が経つに連れてあれほど楽しい時間をここ何十年過ごしたことがあっただろうかと思った。

本当に幸せなグアムでのひと時を娘が還暦の私に贈ってくれた。

今思うと本当に手を焼いた娘だったが立派になった。

こんな出鱈目な親父だったから 余計にしっかりしたのだろう。

そこでだ。
こんな出鱈目な親父も娘のバースデーである9月27日に何かしなくてはと!

ずっと考えていた。

そして最近、昔の友人とも改めて繋がり、東京でレコーディングなども一緒にやるようになった。

その友人の一人が、
「おまえが歌って曲を配信して残せばいいじゃない!」
と!
そして、
「親が元気なところを見せるのが何よりいいんじゃないか!」
と今の会社の上の方からも!

そんなところから始まり、最後はその友人が、
「俺とじゃんけんして負けたらやればいい!」
と!

こいつ、ベース弾きで〝じゃんけん〟が好きなのかいつも〝じゃんけん〟でケリをつけようとする。

それでこいつは〝じゃんけん〟が強い。

そして今回も何故か〝チョキ〟
で負けた。

そして私は曲を作って歌うことになった。

こういう時は何故か直ぐに曲がかける。
やはり歌いたいのだろうか?
そりゃあ歌いたいだろう!
素直になったから直ぐに曲は出来た。

初めは何か娘にメッセージを込めた曲にしようかと思ったが、それは まだ還暦では早いと思ってこちらの勝手気ままに歌詞を書いた。

それでロックにしようとみんなに言ったところみんな賛同!

曲も出来ればレコーディングもあっという間に出来た。

この間、一週間!

そして出来上がった曲が、
「赤い月」

何十年振り?いや、こんなロックのギターはこれまでに弾いたことがないような臭いロックギターを弾いた。

歌も意外になんとかなった。

そしてバンド名まで付けて、
HANASHI-GUYz BAND
(ハナシガイズ・バンド)
とした!

そして今日、娘のバースデーである9月27日に配信にてリリースすることになった。

娘に教えられることばかりだった2018年、娘の24歳のバースデーにこの曲を贈ります。

Happy Birthday KANAKO!

https://linkco.re/X2Uq36nY