「Blog」カテゴリーアーカイブ

「ずぼら」のオケイコール「かんざらし」?

久しぶりにブログを。

今回はオケについてのお話し。

これはまだあまり話していないことだが、バンドなどで他のミュージシャンが絡んでいなくて、自分が全てのパートを編曲したオケにはタイトルを付けている。
勝手に!

例えば、まだ、叶茉利子さんの配信しかしていない、「季がさね」のオケ、そして鶴見尚樹さんがアルバムで入れる「季がさね」のオケには城をタイトルにしている。

鶴見尚樹さんが歌う「季がさね」のオケのタイトルは、
「大阪城」。
叶茉利子さんが歌う「季がさね」には「小谷城」。
二つとも落城。

この二つの城のストーリーをイメージしながらオケを作った。

僕はオケの価値観というものをとても重要に思っている。

生でレコーディングしたオケがやはり一番いいのだが、やはり経費のことを考えたら生のオケほど贅沢なものは無い。

だから極力打ち込みの音を減らして、生の楽器を使って一人で全てのパートをアレンジしている。

だから!
一人で作るから、オケを単なるオケにしてはいけない。

オケだけでも作品になるようにと考えて作っている。

そこで、その曲のタイトルを考えて作るより、オケはオケ、独立した作品として作ることで、出来上がった曲がより面白くなることに気づいたのは三年前だった。

きっかけは結城ひろしの「ずぼら」だった。
今初めてこの「ずぼら」のオケのタイトルを明かすが、そのタイトルは、
長崎県島原市の「かんざらし」

「かんざらし」と「ずぼら」はなんの関係も無いのだが、島原は水が綺麗な町。
街の中のあちらこちらで湧水がある。
そして「かんざらし」という名物がある。

白玉粉で作った小さなお団子を島原の湧水で冷やすことにより、独特のモチモチ感が!それに蜂蜜や砂糖等で作った特製の蜜をかけたものが「かんざらし」。

その湧水があちらこちらにある町をイメージして作ったのが結城ひろしの「ずぼら」のオケ、「かんざらし」。

最初のピアノのフレーズは島原の湧水から流れる綺麗な水をイメージしてアドリブで。
そこへ島原ならではの和風のギターをイメージして絡めて仕上げた。

そしてギターのアルペジオは単純なのだが、島原の有名な甘味処、「銀水」の前の静かな湧水を思い浮かべて淡々と。

トータル的に和風のエッセンスを取り入れることを意識して作り上げたのが「ずぼら」のオケ。

和風と言えば京都、そしてこの金沢となるのだが、結城ひろしは島原をウロウロしていた方が似合う。

まあ、僕としてはこうやってオケをアレンジして作っている。

これまで歌手にオケのタイトルや詳しいことは伝えたことも無い。

しかしこれからは伝えようと思った。
生で作ったオケというのは、ギター、ピアノ、弾いている楽器に弾いている人の思い入れがあることを知って歌って欲しいから。

レコーディングしていて、オケを単なる伴奏として歌っている人が多すぎる。

楽器を弾く人は、その音の意味を知っているからオケに絡むが、単なる伴奏と思って歌っている人の歌はいくら上手でもオケに絡まないから奥行きが無い。

最近レコーディングする時、バックで流れているコード(和音)の構成音を聴いて貰って、その和音の響きの中に歌のメロディーが存在することを知って貰い、そのコードの響きが誘ってくれる歌い方に気付いて貰うことを確認しながらレコーディングしている。

これまではやらなかった。
と言うより、やはり歌手もただ上手くなるばかりではなく、そろそろ次のステップに進んで貰いたかったから始めた。
オケに絡むことが出来る歌手になって貰いたい。

僕のギター、曲作りにしても同じ。
まだまだ見えていないことばかり。
恐らく一生見えないのだろう。

オケの話しから逸れたが、歌う人はオケというものを味方に付けて歌って欲しい。
もっと奥行きのある歌になるから。

だから僕もオケを単なるオケとして作らない。

最近、みんな頭を抱えて歌っている。
ピッチ感、リズム感、これまではみんなそれなりに大丈夫と思って歌っていたのだろう。

レコーディングしたデータでどれだけ修正をかけないといけないかを見せている。

それを見て自信を無くすだろうが、そこから生まれる謙虚な気持ちが歌を引き上げる。

やっとこういう時期になりました。

だから僕のオケの拘りもみんなに話すことにした。

僕もいつも頭を抱えている。
昨夜もある歌手に、何をやっても同じイメージになってしまう?
ワルツのギターが下手くそで嫌になる!

と自分の弱さも伝えれるような関係で音楽が出来るようになったことに幸せを感じる。

長くなったが結城ひろしの「ずぼら」は僕は長崎県島原市の光景を思い浮かべてオケを作った。

先日配信したHANASHI-GUYz BANDの「残像」でイントロのギターはサカリがついた猫、間奏のギターは親イノシシを追いかけているウリ坊を意識してギターを弾いたと書いたが、本当にそう!

上手く弾こうとか思って弾くより、そう思ってギターを弾いたら思いがけないフレーズが出てきたりする。

音楽、決められた枠など無いし、決められた枠を飛び越えた所に自分にしか無い音楽が生まれる。

ハッピーバースデー「海の見える街」!

「海の見える街」

天埜めぐみが自ら書き上げた曲。

それをバースデーに配信リリースした。

この曲、とてもいい。
自分の故郷を歌にする。

これ、出来ればやりたいことだが、なかなか手を付けられないこと。

歌というのは人が聴く。
また、歌というのは人に聴かれることでその曲の存在感が生まれる。

しかし人に聴かれる自分が書いた自分の故郷の歌。

これは本当に難しい。

聴いた人に何が伝わるか?

これは僕の持論だが、自分の人生はチラホラ程度で、聴いた後に、この人はこういう環境で故郷で暮らしていたんだ。

それだけが伝わるのがいいと考えている。

そのチラホラを故郷の光景に散りばめる。

そして描かれる光景が素敵なんだと思う。

それが一番良いと考えている。

そういう意味ではこの、「海の見える街」は素晴らしく故郷が描かれた歌だと思う。

メロディーもシンプルで無理が無くていい。

よく出来た歌だと思った。

だからアレンジに頭を痛めた、

こういう曲には余計な飾りは一切要らない。
音数少なく全てをシンプルに仕上げる。

そこで間をどう埋めるか?

そして思いついたのがスチールギターだった。
ストリングスをどうしても使いたくなかった。

ストリングスは背景の色を決めてしまうように思えた。

だからスチールギターを選んだ。

スチールギターなら背景の色をランダムに変えてくれると思ったから。

そして全てにおいて抑え気味のリズムセクション、ピアノ、ギター。

結果的に良かったと思う。

そして最後に入れたイントロ、間奏、エンディングのギター・ソロ。

これこそシンプルに音数少なく音を選んだ。

さて、こういう曲を聴けば音楽のあり方を改めて考えさせられる。

やはり歌というものには景色がある。
作家の景色。
そして歌う人がその歌を捉えて描く景色。

それを描くのが歌だと思う。

どんな歌でも歌う人それぞれが見ている景色があり、それを描くのは自由。

この「海の見える街」はその様な歌なのだと思う。

天埜めぐみの人生を焼き付けた歌ではないが、チラホラと天埜めぐみの人生が見える。

そして海の見える街を故郷に持った全ての人と共有出来る光景が描かれているので多くの人に共感を与える。

全てが良い配分で描かれた歌だと思う。

最後に、自分のバースデーを自分で素敵な一日にしたことに敬意を表します。

自分から生まれて自分に贈る贈り物ほど尊いものはない。

我が家で一番大切にしていることです。

Happy Birthday !

還暦の夕暮れ

結城ひろしの還暦の夜を演出した夕暮れ。

昨夜は金沢片町で結城ひろしの還暦を祝った。

向かう途中、犀川の新橋から見た夕暮れ。

ここ数日、夕暮れを見ているが昨夜の夕暮れは最高の出来栄えだった!

空が還暦の赤を美しく演出していた。

僕の還暦は娘がグアムで結婚式を重ねてくれて最高の時を過ごさせてくれたが、やはり娘の結婚式に飲まれて還暦はうっすらとしたものだった。

それはそれで有難い。

昨夜は結城ひろしの還暦を祝うことで、僕自身の還暦も再認識した。

還暦はひとつの通過点だが、昨夜の夕暮れは一生忘れられないだろう。
それくらいに美しかった。

結城ひろしと共に昨夜の夕暮れに感謝致します。

素晴らしい「明日へのお土産」だった。

鯖e

曲というのはどんな拍子で生まれるかさっぱりわからない?

北陸、金沢に来て約20年。
20年前に鯖江を舞台にした曲を書くなど想像もしていなかった。

関西生まれの僕はサンダーバードか雷鳥で行き来していた。

そして大阪から乗る際も金沢から乗る際も、最も停車駅が少ないサンダーバードを選んでいた。

大阪、新大阪、京都、福井、金沢。
この停車駅のサンダーバードを愛した僕。

たまに停車駅が多いサンダーバードか雷鳥に乗ると、
「こんな駅停まらなくても!」
と誠に勝手極まりない事を言っていた。

人とは勝手なケダモノだ。

敦賀を出て武生、そしてすぐに鯖江、そしてまたすぐに福井。

この3つ、1つでいいんじゃない?

こんな勝手なことを思っていた僕だった。

それがどうしたことか?
この度、鯖江のメガネの街をテーマにした、
「サバサバエバエバサバエフォエバー」なんて曲を作ってしまって、鯖江の方々に聴いて貰えたらと願っている。

どこまで勝手なんだ!

そして先日、鯖江市の山に取り付けられているメガネの看板の麓にまで行って写真を撮って来た!

どこまで勝手なのか?
鯖江の西山動物園のレッサーパンダも笑うだろう。

しかし人生とはこの様なもの。
だから面白い。

この、「サバサバエバエバサバエフォエバー」は簡単に出来てしまった。

北陸本線から見える鯖江市のメガネの看板は誰の目にも止まった。
そして目に焼き付いていたのだろう。

だから、
「あのメガネの看板から歌を展開させよう!」
と決めて歌詞を書き始めた。

そして歌詞はこのように始まった!

♪国道8号線転がり 福井を過ぎたらそろそろ お山がメガネをかけてる 誰もがご存知 こ〜の街~ サバサバエバエバフォエバーサバエ〜♪

あとは鯖江のメガネのフレームの中からどんどん歌詞を見せてくれた。

そして決め手となったのはサビの、

♪いつでも君のそばがいい♪

を思い切って、

♪いつでも君のサバがいい♪

にしたことだった。

このフレーズでこの歌の特殊性が完璧に位置付けられた。

普通の歌を書いても面白くもなんともない。
やはり歌にするなら、
「なんじゃソレ?」
ってのが無いといけない!

「そば」が「サバ」になる。

これでいいのだ。

たしかに鯖江辺りは「そば」も美味しいが面白くない。

やはり、
♪いつでも君のサバがいい♪
でなくてはならない!

「これ、どういう意味ですか?」
と聞かれるものならこっちの術中にハマったようなもの!

「鯖江の人達はみんなメガネをかけていてサバを読んでいて、そのサバがいいんだよ!」

と答えてやる。

これこそ「なんじゃソレ?」となる。

歌はこれでいいのだ。

まあ、そこは解説するほどのものでは無いのだが。

余計なことばかり書いてしまったが、そもそも、「サバサバエバエバサバエフォエバー」を書くきっかけとなったのは、昨年、2017年12月からたんなん夢レディオさんにて「Sound Street Cafe」というラジオ番組を始めたことだった。

20年程前は、「通過したらいいのに」と思っていた街でラジオ番組を始めることになった。

これこそ想像もつかない世界のことだった。

このラジオを始めさせて頂くことになった、たんなん夢レディオの会長の伊藤努さん。
そして一番最初に伊藤努さんと繋げてくれた結城ひろし君。
そして動くきっかけを作ってくれた中川耕一さん。

こういう人達のおかげで僕と鯖江の縁が繋がった。

その縁をなにかの形で残したいと言う気持ちがこの「サバサバエバエバサバエフォエバー」を生ませてくれたのだろう。

〝 メガネをかけて見晴らしがいい街〟

僕にとって鯖江は間違いなく見晴らしが良くて、色んな目先の物を見せてくれた街となった。

「サバサバエバエバサバエフォエバー」はそんな感謝の気持ちを込めて作った歌です。

楽しく聴いて頂ければ幸せです。

ところで、サンダーバードに乗って見ていた〝 メガネの看板〟は大きく見えたのだが、8号線を走っていて見える看板があまりに小さいのに驚き、もっと大きくしてくれたらなあと思う今日この頃、サバを読んだ歌詞に戸惑う僕です。

 

まもなく全国配信が始まります┏◎-◎┓