「Blog」カテゴリーアーカイブ

白米酒 / リンチェンハオー

「練習しろ!練習しろ!」と口やかましく言ってきた甲斐があった。

こうやって自分で弾き語る姿を見ると本当に嬉しくなる。

リン・チェン・ハオーは朝から晩まで歌の練習をして歌のことばかり考えている。

それもあのどぎつい金沢弁でブツブツ言いながら。

先日も歌いながら、
「ガッパ難しいねんて!」
と?
「ガッパってなんや?」
と聞くと、
「ガッパはガッパねんて!」
と。

リン・チェン・ハオー、今、アルバムのレコーディングしていますがとても楽しみです!

リン・チェン・ハオーの初めての弾き語りお聴きくださいませ!

朗読 plus ギター

昨日、寒雲さんのライブで新たな試みを。

たんなん夢レディオのパーソナリティの菅原藤理さんと朗読のバックでギターを弾いた。

これ、単なる朗読ではなく、朗読の間に少しギターのソロが入るなどと色んな演出を入れてみた。

まずは寒雲さんの「生きる」をギター・ソロで1コーラス。

しかし大変なことが!
これは環境的なことで、何かの手違いでモニターのギターの音が大きくてそこで躓いた。

爆音で聴こえる自分のギター。
これじゃどうしようもない。

フレーズの間で手で合図して少しはモニターからのギターの音は下がったがまだ大きい。

この躓きから始まった朗読。

なんとか「生きる」のソロを1コーラス。
音が大きいから強く弾くことに手を焼く。
弦を優しく弾く事に気を取られての演奏。
正直なところ納得など出来なかった。
まだまだ未熟な自分を改めて知った。

そして菅原さんの朗読が始まった。

リハーサルの光景

「生きる」のコード進行でここは言葉の邪魔をしないようにギターを弾いた。

菅原さんがとても緊張されているのがひしひしと伝わってきた。

言葉の強弱に合わせてギターも強弱を付けようと思っていたのだが、最初のセンテンスではそこまでの余裕が無かった。

そして次のセンテンスに移る前に「ベサメ・ムーチョ」をギター・ソロで。

そして朗読。

このセンテンスでは少し余裕もあったのか、菅原さんの朗読の言葉がしっかりと聴き取れた。

そして寒雲さんの「私の天使」のソロ・ギターを挟んで3つ目の長いセンテンスに移った。

このセンテンスでやっと菅原さんのトークと絡み合う事が出来た。

菅原さんの言葉の表情がとても豊かで、その言葉に自分なりに反応して弾いた。

この時点で初めて楽しめた。

朗読も歌と同じ。
その言葉を聴いてこちらもギターに表情を。

しかしどうだったんだろう?
納得はいかなかった。

本当に難しいと思った。

歌はメロディーが助けてくれている事にも改めて気付いた。

メロディーが付けてくれる抑揚。
メロディーがその抑揚を教えてくれる。

しかし朗読はその言葉、単語をより深く捉えて朗読に絡まなければならない。

メロディーが教えてくれる抑揚がない。

そして不定期に訪れる抑揚。

難しい。

原稿を完全に覚えて弾かなくてはならなかったのか?

確かにそうかも知れない。

しかし今回はインプロビゼーションでなんとかしようと試みた。

朗読の原稿は何度かは読んだ。
そして何となくは頭に入れていた。

しかし難しかった。

思うようにはいかなかった。

少し甘く考えていたかなと反省している。

菅原藤理さんとの約5分間の緊迫感。
なかなか張り詰めたいい時間だった。

菅原さん、お疲れ様でした。

締めにかかる

少しずつ?
いや、最近は目に見えていい方向に進んでいると思う。

2015年に始まったサウンドトレジャー、実質来年で終わらせる。

この名前は、もっとアマチュアの方参加型のレーベルとして残していくことに決まったのだが、2015年、2016年から一緒に始めた歌手の方には、やはりしっかりしたスタイルを持って欲しいと思い、最後のアルバム制作に取り組んでいる現状。

しかし今はCDをリリースしたからプロでは無い。

しかしプロってなんだろう?

音楽に関してはプロである前に、歌が上手いだけでなく、音楽に取り組む姿勢をしっかり持つことだ。

やはり自分の音楽性が何かをしっかり掴んでいる人。

なんでもかんでも歌いますの前に、自分の歌をしっかり歌って人に聴かせる。

それが出来ないとプロでは無い。

その道で食ってる人をプロとも言うが、真のプロは音楽に対してどんな苦労も訓練?もしっかり出来る姿勢を持った人だと思う。

人それぞれ好きな音楽がある。
しかし、その好きな音楽をしっかり掴んでいなくて歌っている人があまりにも多いのには驚いた、

音楽を知らなさ過ぎる。

これでは引き出しが無いから自分を伸ばす力も無い。

しかしそんな中でもサウンドトレジャーの歌手の人達はこの4年間で素晴らしく変わられたし努力をされたと思う。

まず鶴見尚樹さんと叶茉利子さんがラジオラジオ番組を持った。

これは誰でも出来ることでは無い。
今朝も鶴見さんが自分で作ったフライヤーを送って来てくれた。

叶茉利子さんも同じ。

パソコンも購入して、ホームページも9月からは自分で管理しようとしている。

俺の音楽環境とは違うが、しっかりした自分の音楽の道を作る方向に歩き始められたと思う。

人それぞれ違うが自分の音楽は自分で作るしかない。

ここから後はみんな一人でやること。

俺もこれ以上一緒にやっていたら押し付けることしかないし、押し付けるのも嫌なこと。

第一期サウンドトレジャーはいい形で幕を下ろせそうだ。

音楽は作品をリリースすることより続けること。

アルバムが出来たら末永く音楽を続けて欲しい。

それだけで充分。

いよいよ締めにかかります。

Last Work

やはり違う畑を歩くのは無理がある。
あぜ道しか歩いていない。

約5年になるが、自分としては違う畑に飛び込んで耕して何かを植えて来た。

しかし育たない。

何故か?

自分に責任があるということがよく分かった。

やはり好きな畑を大切にしないといけない。
この5年、その好きな畑を遠くから眺めていた。

しかし今年になって好きな畑に戻って、たまに違う畑に通うようになった。

すると育ってきた。
それも東京というあまり足を運ばなかった東京の違う畑で!

昨年から東京をベースにして違う畑の曲を書いて預けている。
今年になってその違う畑から面白いものが飛び出してきた!

「BASUE」という曲を書かせてくれたRev(仮名)と「MASHOW ~魔性~」を書かせてくれたSAMI(仮名)。

二人ともシンガーソングライターで10年以上ステージを踏んできている。

先日、Revの「BASUE」を聴いた。
鳥肌が立った。

何がいいか。
ハート、そして表現力、全てが人を引き寄せる。

そしてピッチも外さないしリズムもグルーブがうねっていてたまらなくいい。
基本がしっかり出来ている。

これを聴いたら俺もやる気が出ると言うか、すぐに3曲書いて渡した。

完全にRevが書かせてくれた。

やはり生き方がブレていないのが歌に出ている。

SAMIも同じ。
基本が出来てるから、ピッチやリズムなど何も気にしなくて聴ける。

彼女は今年三十路になるがやはり音楽をやることにブレていない。

やはり本当に音楽が好きなんだろう。
話していても伝わってくる。

正直なところ、今、この東京の環境に救われている。

北陸で5年間やってきたが、これもそろそろ潮時。
アルバムを作って一段落することに決めた。

これ以上北陸の環境で音楽を続けていると、人に何かを押し付けてしまいそうだから。

音楽は押し付けてはいけない。

やはりその人の音楽性を大切にして音楽をやらなくてはならない。

北陸での5年間は本当にいい勉強になった。

あとは北陸のみんなが自立して自分でやっていく事で、みんなの音楽を続けていける素材は提供出来たと思う。

それだけで充分だ。

北陸のアルバム制作を終えたら北陸は閉店。

やっとその決心がついた。

残りの北陸の仕事、全力でやらなくては。

そして北陸に良い作品を残したい。

先が明確に見えてきたな。

おまえはアホか!

楽曲を提供している歌手が、「その曲、女性用のKeyに換えてお願いします。」と。

ここまでは良かった。

そのあと、「そういうの直ぐに出来るんでしょ!」と?

俺はすかさず、「おまえはアホか!」と言ってやった。

これだからカラオケ育ちの歌手はたまらん。

そいつはちょっととぼけたヤツだからまだ笑って許せたがたまに切れそうになる。

Keyが変わったら楽器っていろいろ考えないといけないことがあるんだと分かって欲しい。

カポタストでどうにでもなるってわけじゃない!

胸にパットを入れて大きくなるだけで片付くような物ではないだろう!

そこのところだ!