締めにかかる

少しずつ?
いや、最近は目に見えていい方向に進んでいると思う。

2015年に始まったサウンドトレジャー、実質来年で終わらせる。

この名前は、もっとアマチュアの方参加型のレーベルとして残していくことに決まったのだが、2015年、2016年から一緒に始めた歌手の方には、やはりしっかりしたスタイルを持って欲しいと思い、最後のアルバム制作に取り組んでいる現状。

しかし今はCDをリリースしたからプロでは無い。

しかしプロってなんだろう?

音楽に関してはプロである前に、歌が上手いだけでなく、音楽に取り組む姿勢をしっかり持つことだ。

やはり自分の音楽性が何かをしっかり掴んでいる人。

なんでもかんでも歌いますの前に、自分の歌をしっかり歌って人に聴かせる。

それが出来ないとプロでは無い。

その道で食ってる人をプロとも言うが、真のプロは音楽に対してどんな苦労も訓練?もしっかり出来る姿勢を持った人だと思う。

人それぞれ好きな音楽がある。
しかし、その好きな音楽をしっかり掴んでいなくて歌っている人があまりにも多いのには驚いた、

音楽を知らなさ過ぎる。

これでは引き出しが無いから自分を伸ばす力も無い。

しかしそんな中でもサウンドトレジャーの歌手の人達はこの4年間で素晴らしく変わられたし努力をされたと思う。

まず鶴見尚樹さんと叶茉利子さんがラジオラジオ番組を持った。

これは誰でも出来ることでは無い。
今朝も鶴見さんが自分で作ったフライヤーを送って来てくれた。

叶茉利子さんも同じ。

パソコンも購入して、ホームページも9月からは自分で管理しようとしている。

俺の音楽環境とは違うが、しっかりした自分の音楽の道を作る方向に歩き始められたと思う。

人それぞれ違うが自分の音楽は自分で作るしかない。

ここから後はみんな一人でやること。

俺もこれ以上一緒にやっていたら押し付けることしかないし、押し付けるのも嫌なこと。

第一期サウンドトレジャーはいい形で幕を下ろせそうだ。

音楽は作品をリリースすることより続けること。

アルバムが出来たら末永く音楽を続けて欲しい。

それだけで充分。

いよいよ締めにかかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です