鯖e

曲というのはどんな拍子で生まれるかさっぱりわからない?

北陸、金沢に来て約20年。
20年前に鯖江を舞台にした曲を書くなど想像もしていなかった。

関西生まれの僕はサンダーバードか雷鳥で行き来していた。

そして大阪から乗る際も金沢から乗る際も、最も停車駅が少ないサンダーバードを選んでいた。

大阪、新大阪、京都、福井、金沢。
この停車駅のサンダーバードを愛した僕。

たまに停車駅が多いサンダーバードか雷鳥に乗ると、
「こんな駅停まらなくても!」
と誠に勝手極まりない事を言っていた。

人とは勝手なケダモノだ。

敦賀を出て武生、そしてすぐに鯖江、そしてまたすぐに福井。

この3つ、1つでいいんじゃない?

こんな勝手なことを思っていた僕だった。

それがどうしたことか?
この度、鯖江のメガネの街をテーマにした、
「サバサバエバエバサバエフォエバー」なんて曲を作ってしまって、鯖江の方々に聴いて貰えたらと願っている。

どこまで勝手なんだ!

そして先日、鯖江市の山に取り付けられているメガネの看板の麓にまで行って写真を撮って来た!

どこまで勝手なのか?
鯖江の西山動物園のレッサーパンダも笑うだろう。

しかし人生とはこの様なもの。
だから面白い。

この、「サバサバエバエバサバエフォエバー」は簡単に出来てしまった。

北陸本線から見える鯖江市のメガネの看板は誰の目にも止まった。
そして目に焼き付いていたのだろう。

だから、
「あのメガネの看板から歌を展開させよう!」
と決めて歌詞を書き始めた。

そして歌詞はこのように始まった!

♪国道8号線転がり 福井を過ぎたらそろそろ お山がメガネをかけてる 誰もがご存知 こ〜の街~ サバサバエバエバフォエバーサバエ〜♪

あとは鯖江のメガネのフレームの中からどんどん歌詞を見せてくれた。

そして決め手となったのはサビの、

♪いつでも君のそばがいい♪

を思い切って、

♪いつでも君のサバがいい♪

にしたことだった。

このフレーズでこの歌の特殊性が完璧に位置付けられた。

普通の歌を書いても面白くもなんともない。
やはり歌にするなら、
「なんじゃソレ?」
ってのが無いといけない!

「そば」が「サバ」になる。

これでいいのだ。

たしかに鯖江辺りは「そば」も美味しいが面白くない。

やはり、
♪いつでも君のサバがいい♪
でなくてはならない!

「これ、どういう意味ですか?」
と聞かれるものならこっちの術中にハマったようなもの!

「鯖江の人達はみんなメガネをかけていてサバを読んでいて、そのサバがいいんだよ!」

と答えてやる。

これこそ「なんじゃソレ?」となる。

歌はこれでいいのだ。

まあ、そこは解説するほどのものでは無いのだが。

余計なことばかり書いてしまったが、そもそも、「サバサバエバエバサバエフォエバー」を書くきっかけとなったのは、昨年、2017年12月からたんなん夢レディオさんにて「Sound Street Cafe」というラジオ番組を始めたことだった。

20年程前は、「通過したらいいのに」と思っていた街でラジオ番組を始めることになった。

これこそ想像もつかない世界のことだった。

このラジオを始めさせて頂くことになった、たんなん夢レディオの会長の伊藤努さん。
そして一番最初に伊藤努さんと繋げてくれた結城ひろし君。
そして動くきっかけを作ってくれた中川耕一さん。

こういう人達のおかげで僕と鯖江の縁が繋がった。

その縁をなにかの形で残したいと言う気持ちがこの「サバサバエバエバサバエフォエバー」を生ませてくれたのだろう。

〝 メガネをかけて見晴らしがいい街〟

僕にとって鯖江は間違いなく見晴らしが良くて、色んな目先の物を見せてくれた街となった。

「サバサバエバエバサバエフォエバー」はそんな感謝の気持ちを込めて作った歌です。

楽しく聴いて頂ければ幸せです。

ところで、サンダーバードに乗って見ていた〝 メガネの看板〟は大きく見えたのだが、8号線を走っていて見える看板があまりに小さいのに驚き、もっと大きくしてくれたらなあと思う今日この頃、サバを読んだ歌詞に戸惑う僕です。

 

まもなく全国配信が始まります┏◎-◎┓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です